マリファナ(大麻)の所持がなぜ警察にバレるの?匂いや検査ではない!

レゲエやヒップホップではマリファナ(大麻)がライフスタイルの一部であり文化でもあるので、楽曲やアートワークにも頻繁にマリファナが登場し、吸っている描写も描かれます。

しかしご存知の通り日本ではマリファナは違法です。正確には日本でのマリファナ(大麻)の所持が違法になるので、簡単には吸えないですよね。

 

違法とはいえマリファナは意外と誰でも簡単に入手することが可能なので、特にレゲエやヒップホップが好きな人は興味があったり、吸っている人もいるのではないでしょうか。

 

マリファナの入手方法については下記で解説しました。

 

マリファナの所持は違法なので、所持が警察にバレる(見つかる)と当然逮捕されます。

そこで今回は、マリファナを持っているとなぜ警察にバレるのか、どのように見つかってしまうのかを解説します。

本記事の内容はマリファナの利用を幇助するものではありません。

 

 

 

目次

匂いでバレる可能性は低い

マリファナには独特な匂いがあります。

大麻の品種によって、刺激的な香り、甘い香り、フルーティーな香り、スパイシーな香りなど、様々な匂いがあり、同じ品種でも人によって感じ方が変わることもあるそうです。

 

吸ったことがない人にはハーブや香水のような匂いに感じるので、マリファナを吸っていたと思う人はまずいないでしょう。

警察官などのわかる人には匂いでバレる可能性はありますが、吸った直後とかではない限り、ファブリーズなどの消臭剤やマウスウォッシュ、キシリトールガムなどで匂いを消していれば、外で遭遇しても匂いでバレる可能性は限りなく低いです。

ただし吸っていた部屋に入られると明らかに匂いがわかるので注意してください。

 

所持していなければバレても問題ない?

大麻取締法では、マリファナの所持を違法としており、使用自体は規制対象ではありません。

そのため、もしも吸った後に尿検査などで大麻成分が検出され、吸っていたことが明らかになったとしても、逮捕される可能性は低いとのことです。

 

「吸っていた」ということは、「所持していた」ということにならないの?

例えば「友人が所持していたマリファナをちょっとだけ吸わせてもらった」というような場合もあるので、必ずしも「使用」=「所持」ということにはならず、立証は容易ではないです。

 

大麻の所持が警察にバレる理由

大麻・マリファナの所持が警察に見つかる理由は限定記事で解説しました。(公開記事に載せると当サイトがGoogleからペナルティを受ける可能性があるため。)

 

もし逮捕されてしまうと決して軽い罪ではありません。

今後の人生にも大きく影響するので、ぜひしっかりと読んでおいてください。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ヒップホップとレゲエに関する情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次