【ヒップホップ】GADOROとレゲエDeeJayのコンビ曲を紹介!おすすめ音源4選

GADOROはKOK(King of Kings)で連覇を果たすなど、MCバトルを通して人気・知名度を高め、その後は音源の製作活動やライブに注力しており、2023年には自身で立ち上げたレーベル「Four Mud Arrows」から、通算6枚目のアルバム『リスタート』をリリースするなど、ますます躍進を続けています。

 

ヒップホップのラッパーであるGADOROですが、実はレゲエのアーティストとも繋がりが多く、一緒に歌っている音源をリリースしていたり、レゲエのイベントに呼ばれてライブで共演することもあります。

 

そこで今回は、ラッパーであるGADOROとレゲエのアーティスト(DeeJay)が一緒に歌っている曲(音源)をいくつか紹介しますので、GADOROに興味のある人や、レゲエについてもっと知りたいという人の参考になれば嬉しいです。

 

目次

GADOROとレゲエDeeJayが一緒に歌っている音源

チャレンジャー – GADORO feat. J-REXXX

GADORO「チャレンジャー feat.J-REXXX」(Prod. by Yuto.com™&Kiwy)【Official MV】

『チャレンジャー』はメジャーシーンへ舞台を移しながらもチャレンジャーとしてより高い舞台へと駆け上がっていくという様を歌った曲。ライブでも歌うことが多い曲なので、ヒップホップのファンも知っている人が多いのではないでしょうか。

 

J-REXXXとは

J-REXXX(ジェイレックス)は岡山県出身のレゲエDeeJay。

トレードマークのモヒカンと早口フロウが特徴的ですが、レゲエ以外のジャンルも音楽に取り入れたり、他のレゲエDeeJayとは異なる唯一無二の存在です。GADORO以外にも、ラッパーの紅桜と「The タイマンチーズ」というユニット名で曲を出していたり、ジャパニーズマゲニーズやRED EYEなど、他にも様々なアーティストと繋がりのあるレゲエDeeJayです。

性格的にはかなりブッとんだキャラクターで、現場をボスらせる(盛り上げる)実力は最高クラスです。

J-REXXXのInstagramより引用

 

好きなように生きればいい – THUNDER feat. GADORO

好きなように生きればいい – THUNDER ft. GADORO(Prod by HACNAMATADA)

『好きなように生きればいい』は、レゲエサウンドであるHACNAMATADA(ハクナマタダ)のプロデュースにより生まれた曲で、底辺から這い上がりながらも昔と変わらないまま前に進んでいこうという2人の暖かいリリックが哀愁漂うリディムに乗ってリリースされました。

 

THUNDERとは

THUNDER(トンダー)は尼崎出身のレゲエDeeJay。

15歳から大阪のアメ村でマイクを握り、下積み時代からレゲエの本場であるジャマイカに何度も渡り、レゲエを追い求めてきました。常にアルバム製作や現場でのライブに身を置き、クラウドファンディングでは地元の尼崎にライブハウスを建てたり、2023年には自身のワンマンを成功させるなど、幅広い現場で活動を続けています。

ちなみにTHUNDERは英語では”サンダー”と発音しますが、レゲエの言語であるパトワ語の訛りとして、“トンダー”と呼びます。

 

ひとりぼっちの唄 – TAK-Z feat. GADORO

TAK-Z / ひとりぼっちの唄 feat. GADORO(フル・ヴァージョン)Official MV

『ひとりぼっちの唄』は、生きていく意味、存在という2つのテーマに向き合いながら、生きていく勇気を与えてくれる曲で、MVにはお笑い芸人の天竺鼠の川原さんが出演されています。

 

TAK-Zとは

TAK-Z(タクジー)は大阪府羽曳野市出身のレゲエDeeJay。

レゲエDeeJayとしては珍しいノビのある高い声が特徴的で、同世代のCHEHONやNATURAL WEAPON、BIG BEAR、RAYなどとも仲が良く、交友関係も広く周りからも愛されるキャラクターです。

音楽活動の発信もかなり活発的に行なっており、自身のYoutubeではレゲエの良さをもっと広めるために様々なアーティストとのコラボやダブを聴かせてくれます。Youtube視聴者からの要望により、TAK-Zが録ったダブのMIX CDも発売するなど、視聴者やファンも非常に大切にしておられます。

 

Hot Town Blues -Remix – GADORO feat. 漢 a.k.a GAMI. CHEHON. Under20Hz.

GADORO「Hot Town Blues -Remix- feat. 漢 a.k.a GAMI. CHEHON. Under20Hz.」(Prod. by Mr.Tosh)【Official MV】

『Hot Town Blues -Remix』はUnder20Hzの原曲にCHEHONと漢 a.k.a GAMIを迎えて、GADOROは宮崎、CHEHONは大阪、漢は東京、とそれぞれ地元に根を張るスタンスを歌った曲です。GADOROの持ち味でもある、耳に自然と入り込む聴き取りやすいリリックに織り交ぜられたテクニカルでエモーショナルな韻が非常に聴き心地が良いですね。

 

CHEHONは最近ではヒップホップのMCバトルにも出場しており、ヒップホップのファンでも知らない人がいないほど有名で人気のあるレゲエDeeJayですね。

 

GADOROがレゲエアーティストと一緒に曲を作るように、CHEHONもレゲエDeeJayですがヒップホップのラッパーとも繋がりが多く、一緒に歌っている曲(音源)もたくさん出しています。

 

レゲエのイベントに呼ばれることも多い

GADOROはラッパーですが、レゲエのイベントに呼ばれて出演することも多いです。

レゲエアーティストのMINMIが主催する淡路島Freedomや、毎年佐賀県で開催されるサガンフェスなどではレゲエのアーティストと同じステージで共演しています。

 

まとめ

今回はGADOROとレゲエアーティストが一緒に歌っている曲を紹介しました。

 

GADOROはKOKを二連覇というものすごいラップのスキルを持ちながら、音源でも積極的に他ジャンルとコラボしたり、ライブやイベントで躍進し続けています。バトルでしっかりと人気・知名度を上げてからしっかりと音源でも売れているラッパーはGADOROぐらいではないでしょうか。

今後も様々なレゲエアーティストともコラボしてほしいですね。

 

また、GADOROは音源だけでなく、ファッションもカッコよく人気があります。

GADOROがよく着ている服のブランドやファッションは下記でまとめました。

 

今後もGADOROの新しい楽曲は随時チェックしたいと思います。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ヒップホップとレゲエに関する情報を発信しています。

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次