ラッパーのGADOROとは?本名や年齢、ヤバい経歴を解説【バトルサミット出場?】

GADORO(ガドロ)は、現在のヒップホップ界のトップを走るラッパーです。MCバトルの日本一を決める大会「KING OF KINGS」で2連覇を果たし、その後は音源やライブ活動を中心にますます躍進しています。

今ではヒップホップ界で知らない人はいないほどの知名度と人気があるGADOROですが、過去には壮絶な下積み時代も経験しており、底辺から現在の地位まで這い上がってきました。

 

今回は、GADOROのプロフィールや経歴を深堀りしていきます。MCバトルやおすすめの音源についても解説しますので、GADOROに興味がある人はぜひチェックしてみてください。

目次

GADOROとは

GADORO(ガドロ)は宮崎県出身のラッパー。つねに帽子(バケットハットやキャップ)を深めに被っており、後ろ髪が少し見えた外見が特徴的です。ふだん話す時は強い宮崎訛りがあります。

今では毎週のように全国各地でライブを行うほど引っ張りだこのGADOROですが、生まれ育った地元への愛情がとても強く、今でも宮崎に住みながら全国各地に飛び回っています。

GADOROのラップスタイル

楽曲でのGADOROのラップスタイルは、とにかく韻を踏みまくるスタイルと心に突き刺さるリリックが特徴的です。

リリックではGADOROが経験した葛藤や苦しみをありのままに表現し、自分の弱さや信念をさらけ出すリアルな歌詞が心に突き刺さります。他のラッパーにありがちなゴールドや高級ジュエリー、豪華なディナーなどではなく、どん兵衛やラーメン、茶割りなどの身近なものが好きという、等身大で飾らないスタイルが魅力的です。

GADORO自身も「リリックについてはありふれた言葉ではなく、わかりやすい表現。韻については自分と対極な生活、思想を描いてる人を皮肉を交えながらライムすることを意識してます。」と話していました。

 

フロウでは、リズミカルに韻を踏んでラップをしたり、優しい歌声で穏やかに歌うスタイルなど、幅広いフロウを持ち合わせています。

GADOROは、フロウ・ライム(韻)・リリックの内容・音乗り・パンチラインなどのパラメーター(チャート)があるとすれば、全ジャンルでトップを取って最強になりたいと話していたことがあります。

 

Four Mud Arrowsを設立

GADOROは2022年11月に自身のレーベル『Four Mud Arrows(フォー・マッド・アローズ)』を設立しています。ライブDJの”MXNIST”と”DJ HITOSHI”、幼なじみ、そしてGADORO自身を含めた、計4人のレーベルです。

『Four Mud Arrows』は、少数精鋭の中で各々の強み(方向性、特異性)を生かし、1本では折れることのある「矢」でも「4本の矢」では折れにくい、決して折れない、そして「泥くさく」、「ハングリー」にやっていこうという意志、結束の大切さをコンセプトに掲げています。

直訳するとFour Mud Arrows =” 4本の泥の矢”という意味

 

GADOROの6枚目であり独立して初のアルバム「リスタート」では、レールの外れた列車から”再出発”するという意味が込められており、客演を迎えずにGADOROのワンマンとして制作されました。

 

『Four Mud Arrows』の公式インスタグラムでは、GADOROのライブ活動やグッズに関する情報を中心に発信されているので、チェックしてみてください。

GADOROのプロフィール

アーティスト名義GADORO(ガドロ)
本名増本一博
生年月日1990年11月29日
身長175cm
出身宮崎県高鍋町
拠点宮崎県
レーベルFour Mud Arrows
(自身で立ち上げたレーベル)
最終学歴高校卒業
GADOROのプロフィール

名前の由来・本名

GADOROの名前の由来については詳しくはわかっていません。本人が思いつきで付けたと話していたことがありますが、真相は不明です。(ファンの間ではさまざまな考察があり「我は泥臭く=我泥(ガドロ)」でGADOROと名付けたというような噂もありました。)

本名の「増本一博(かずひろ)」からも関係がないと思われます。

GADOROの性格

GADOROは現在でも宮崎県に住みながら全国のライブに飛び回るほど、地元の宮崎を愛しています。楽曲のリリック(歌詞)にもよく宮崎が登場し、生まれ育った街への愛情や敬意が込められることが多いです。ふだんは強い宮崎訛りがあり、穏やかなゆっくりとした話し方です。

MCバトルでGADOROを見ていた人は、バチバチで気が強いイメージを持っているかもしれませんが、ふだんは穏やかな性格でファンにもとても優しく、どんな人にも礼儀正しく接しています。

GADOROは元野球部で、格闘技やお笑いも好きだとのことです。

 

また、GADOROはラップ以外の才能は何も無いと話しており、簡単な作業の仕事でさえも上手くできず、よくバイトや仕事をクビになっていたそうです。

GADOROの両親

GADOROの父親

父親はGADOROが小さい頃から5年ほど刑務所に入っていたそうです。職人気質ですぐに手が出てしまう父親だったが、プラモデルを作ってくれたり、仕事終わりで疲れていてもキャッチボールをしてくれたりと、優しい一面もあったとのこと。

GADOROが父親について歌った曲「クソ親父へ」では、幼い頃の父親についての記憶や思い出、父親へ伝えたい想いなどが込められています。曲では「俺にとってのヒーローはウルトラマンではなく親父だ」とも歌われており、父親を尊敬していることが伝わります。

「クソ親父へ」のMVの最後には、歌詞のとおり実際に父親と東京ドームにてジャイアンツの試合を観戦しに行っている映像も見られます。

 

「クソ親父へ」はGADOROの6枚目のアルバム『リスタート』に収録されています。

GADOROの母親

GADOROの母親は、地元の高鍋町で”はなみずき”というスナックを経営しています。母親とはよく喧嘩したりけなし合っていたが、風邪を引いた時などは優しく、思いやりの強い人だとのことです。

母親が経営しているスナックの名前と同じ曲名の「はなみずき」は、母親との思い出や関係性、ふだん口にしない想いなどが込められた曲になっています。「はなみずき」はGADOROの7枚目のアルバム『TAKANABE』に収録されています。

「はなみずき」は母親の誕生日である3月9日にリリースされました。

レゲエDeeJayとも仲が良い

GADOROはヒップホップのラッパーですが、レゲエのアーティスト(DeeJay)とも仲が良く、コンビで楽曲をリリースしたり、ライブで共演したりすることも多いです。

主にGADOROと楽曲で共演しているレゲエDeeJayは以下のとおりです。

  • J-REXXX
  • THUNDER
  • CHEHON
  • 775
  • TAK-Z

 

GADOROとレゲエDeeJayのコンビ曲について詳しくは以下で解説しています。

 

GADOROのファッション

GADOROは基本的にストリートスタイルのファッションであることが多く、トップスは派手目な柄シャツからシンプルなTシャツ、パーカーなどさまざまで、ズボンはダボッとしたワイドパンツやバギーパンツを履いていることが多いです。コンバースの靴を履いていることが多く、楽曲の歌詞にもよく出てきます。

また、つねにバケットハットやキャップといった帽子を深めに被っており、ライブやMV、ふだんの生活でも帽子を被っているため、あまり帽子を脱いでいる姿は見られません。

 

GADOROがよく着用している服のブランドについては以下で詳しく解説しています。

 

GADOROの経歴

Instagramより引用

GADOROの経歴をざっくりと年代別に表にまとめると以下のとおりです。

1990年宮崎県高鍋町にて生まれる
2007年高校2年生のときに般若の影響でラップを始める
2013年UMB2013の宮崎予選に出場
2016年11月「戦極15章」で優勝
2017年1月「KOK2016」で優勝
1stアルバム『四畳半』をリリース
2017年11月2ndアルバム『花水木』をリリース
2018年1月「KOK2017」で優勝
2019年3月3rdアルバム『SUIGARA』をリリース
2020年4月4枚目のアルバム『1LDK』をリリース
2021年9月5枚目のアルバム『韻贅生活』をリリース
2022年11月自身のレーベル『Four Mud Arrows』を設立
2023年2月6枚目のアルバム『リスタート』をリリース
2024年4月7枚目のアルバム『TAKANABE』をリリース
GADOROの経歴

宮崎の高鍋で誕生〜おばあちゃんと過ごす少年時代

GADOROは1990年に宮崎県の高鍋町に生まれます。

Abemaプレミアムなら、過去の凱旋や戦極、真ADRENALINEが見放題です。
今なら14日間無料なので、気になるバトルがあればぜひチェックしてみてください。

\今なら14日間無料/

過去のMCバトル見放題!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大阪出身のブロガー。小学生の頃にレゲエにハマり、レゲエの音楽を20年以上聴いています。レゲエDeeJayがMCバトルに出場したのをきっかけに、ヒップホップも聴くようになりました。
ヒップホップやレゲエの音楽・文化をもっと多くの人に知ってもらいたいという思いから、ヒップホップやレゲエに関する情報を発信しています。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次