Abemaプレミアムのアカウント共有は違法?友達や家族に教える時の注意点

有料であるABEMAプレミアムを契約した1つのアカウントを、友達や家族など、複数人で共有して動画を見ようと考えて人も多いのではないでしょうか。

確かに1つのアカウントを他人と共有することで、それぞれの端末(PCやスマホ)から動画や生配信が見放題になり、料金面でお得になるというメリットがあります。

しかしアカウント共有には、いくつか注意点やデメリットがあります。

 

今回は、ABEAMプレミアムのアカウントを共有しても違法ではないのか、運営にバレないのかを解説し、共有した時の注意点やデメリットも解説していきます。

この記事の対象者
  • 友達や家族とアカウントを共有しようと考えている。
  • もう既にアカウントを共有して動画を見てしまっている。
  • 自分のABEMAプレミアムのアカウントを友達に教えようと考えている。
  • 既にABEMAプレミアムを契約している友達からアカウントを教えてもらおうか考えている。

 

目次

ABEMAプレミアムのアカウント共有とは

アカウントの共有とは、すでにABEMAプレミアム(有料)に登録している友人や家族から、そのIDとパスワードを教えてもらう、または教える(共有する)ことでお互いがそれぞれのスマホやPCからABEMAの動画を見放題にするやり方です。

ABEMAプレミアムは月額960円の有料サービスでなので、それぞれが契約するとその人数分の月額料金が発生することになりますが、アカウントを共有することで1つのアカウント(1人分の料金)で複数人がABEMAプレミアムのコンテンツを利用可能になるというメリットがあります。

 

しかしこのように一つのアカウントを共有することは違法ではないのか、ABEMAの運営側にバレることはないのかと心配になる人もいますよね。

結論:アカウントを共有しても問題ない!

結論から言うと、アカウントを他人と共有しても問題ありません。

ABEMAプレミアムの場合、ABEMAの運営側も共有を認めているため、バレないかという心配はしなくても大丈夫です。違法でもありません。

 

しかし、友人や家族とアカウントを共有することで注意点やデメリットも生まれてきます。

アカウント共有の注意点・デメリット

ABEMAプレミアムのアカウントを共有する際の注意点とデメリットは以下の通りです。

アカウント共有の注意点・デメリット
  • デバイス数の接続制限に引っかかる可能性がある
  • 自分のアカウント情報が知られる
  • 解約がしにくくなる
  • プライベートな情報が知られる

 

一つずつ解説していきます。

デバイス数の接続制限に引っかかる可能性がある

ABEMAプレミアムは、同時に接続(ログイン)できるデバイスは2台までと決まっています。

人数ではなくデバイス数なので、何人でもアカウントを共有しても問題ありませんが、例えば共有している他の2人が同時にABEMAで動画や生配信を見ていると、自分は他の人が終了するまで見れなくなります。

デバイス数の接続制限

 

友達1人だけと共有して絶対に2台を超えない状態で利用するには全く問題ありませんが、共有相手が2人以上(自分含めて3人以上)になる場合は注意してください。

 

特に生配信などで接続制限されるとかなり困りますよね。

 

自分のアカウント情報が知られる

アカウントを共有するためには、当然ですがABEMAプレミアムのログインID(メールアドレス)とパスワードを共有相手に教える必要があります。

もしABEMAプレミアムに契約しているアカウント情報が、普段使用している他のサブスクやSNS、ネット銀行などと同じアカウント情報を使い回していた場合、それらのサービスに不正ログインされてしまう危険性があります。いくら信頼している友人とはいえ、内心どう思われているかわからないですし、将来的に不仲になる可能性もあるので注意してください。

 

また、共有した相手が勝手に違う人に自分のアカウント情報を教えてしまうというリスクもあり、そうなるとさらに危険度が増していきます。

アカウントを共有する場合は、できるだけ自分が信頼できる相手を選び、普段使い回しているパスワードとは違うパスワード、できればログインID(メールアドレス)も新しく作ってABEMAプレミアムを利用してください。

 

解約がしにくくなる

もし自分がABEMAプレミアムの動画を見なくなり、解約したいと思った場合でも、共有中の友達がまだABEMAの動画を見ている途中だったり、見る予定があるかもしれません。そのため解約する際には共有相手に解約したいという旨を伝えたり、解約日の調整をしなけらばいけないという手間がかかります。

逆に自分がアカウントを教えてもらっている方だった場合も、見ている途中の動画や見たいと思っていた動画が見れなくなるので、少し残念な気持ちになります。

 

どちらにせよ、解約する日はいつか必ず訪れるので、共有している相手とトラブルにならないように解約する際はきちんと話し合って解約してください。

 

プライベートな情報が知られる

アカウントを共有するということは当然ですが同じアカウントでログインしてサービスを利用しているわけなので、そのアカウントで見ている動画の閲覧履歴や購入したペイパービューチケット、マイリスト(お気に入り)の動画などの情報が共有相手に知られてしまいます。

自分の趣味や他人に知られたくない情報が、共有相手に筒抜けになってしまうわけです。

 

閲覧履歴は削除することが可能なので、もし共有相手に知られたくない場合はこまめに閲覧履歴を削除して対処してください。(購入済みのペイパービューチケットは削除できないようです。)

 

ヒップホップが好きならABEMAプレミアムはかなりお得!

ABEMAプレミアムは月額960円の有料動画配信サービスです。

無料ではないので登録するか悩んでいる人もいるかもしれませんが、もしヒップホップやMCバトルが好きなら絶対にABEMAプレミアムに登録するべきです。

 

ABEMAはヒップホップ系のコンテンツにかなり注力しており、ABEMAプレミアムに入会することで、ヒップホップアーティストのLIVEやイベント、MCバトル、フリースタイルダンジョン、ラップスタア誕生、ヒップホップアーティストのリアルドキュメンタリー「my name is」など、様々な配信コンテンツや生配信が見放題になります。さらに有料のペイパービューチケットも30%OFFで購入できるようになったりとかなりお得。

 

もちろんアカウントを友達と共有して見るのもいいですが、ヒップホップが好きならこの先もおそらくABEMAプレミアムは利用し続けることになりますので、たった月額960円でこれだけのサービスを利用できるのは本当に恵まれています。

 

しかも今ならなんと14日間無料でABEMAプレミアムに入会することが可能です。いつでも解約できるので、ぜひこの機会にABEMAプレミアムに入会して様々な動画を見てみてください。

\ 今なら14日間無料 /

 

まとめ

今回はABEMAプレミアムのアカウント共有について、デメリットや注意点を解説しました。

アカウントを共有することで、1つのアカウント(1人分の料金)で複数人がそれぞれの端末からABEMAプレミアムの配信動画を楽しめるようになります。

 

しかし解説してきたように注意点やデメリットも多いので、メリットとデメリットのバランスをよく考慮してから友達や家族とアカウントを共有するようにしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ヒップホップとレゲエに関する情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次