ラップバトルのプロリーグ化を目指すFSLとは?ルールやランキング制度を徹底解説

近年フリースタイルラップバトル(MCバトル)の人気が急激に高まってきており、
数々のMCバトルの大会やイベントが行われ、大きな反響を生み出し注目を集めています。

 

そして2022年に開催された優勝賞金1,000万円という過去最大級のMCバトルトーナメント「BATTLE SUMMIT」で、新たなプロジェクトFSL(フリースタイルリーグ)が立ち上がることが発表されました。

 

FSLはMCバトルのプロリーグ化を実現するために、ポイントによるランキング制度や賞金、年末のチャンピオンシップトーナメントなど、多くのおもしろい要素が詰まっています。

そこで今回は、MCバトルのプロリーグ化をコンセプトに掲げ立ち上げられたFSLについて、ルールやランキング制度、チャンピオンシップトーナメントなど、その他FSLのおもしろい特徴についても徹底解説いたします。

 

目次

FSLとは

FSL[Free Style League]とは、ヒップホップのMCバトルを更なるエンターテインメントに昇華するべく立ち上げられたプロジェクトです。フリースタイルのプロリーグ化をコンセプトに掲げ、バトラーとリスナーに新たなるラップバトルの可能性とエンターテインメントを提唱しています。

 

元々はヒップホップカルチャーの一部だったMCバトルが、ここまで大きく規模が拡大してきていることにより、MCバトルだけでも食っていけるような時代になってきました。

 

FSLの主要構成メンバー

  • オフィシャルチェアマン:Zeebra
  • オフィシャルレフェリー:UZI
  • FSL専属MC:FORK

 

FSLは他の大会とは違い、下記のような様々な特徴があります。

FSLの特徴
  • マッチメイク方式
  • アプリ投票
  • ランキング制度
    • ポイントによる変動
    • 賞金
  • チャンピオンシップ大会
  • BeeBetで賭けに参加できる
  • 独特のスポンサー

一つずつ見ていきます。

 

FSLの特徴

マッチメイク方式

マッチメイク方式

FSLは他のトーナメント大会とは違い、マッチメイク形式で事前に複数の対戦カードが組まれ、当日にバトルが行われるスタイルのMCバトルです。トーナメントではないので勝利しても2回戦には進みません。(格闘技に似ています。)

 

マッチメイクは、主催者側のオファーや視聴者の希望などを考慮して組まれるようですが、第一回のスペシャルエキシビジョンマッチでは、R-指定vsT-Pablowのドリームマッチが実現するなど、どの対戦カードもかなり豪華です。

また、お笑い芸人の「とろサーモン久保田」や、格闘家の「安保 瑠輝也」選手が出場するなど、バラエティに富んだ対戦カードも組まれ、視聴者を飽きさせない工夫がなされています。

 

バトル前には記者会見が開かれるなど、格闘技を真似た要素もあります。

 

勝敗はアプリ投票

アプリ投票

FSLでのMCバトルの勝敗は投票システムが採用されており、公式アプリを通じてリアルタイムでどちらか勝った方に投票します。

これによりMCバトル会場の空間に、実際に参加しているかのような臨場感を味わうことが目的とのことで、視聴者の一票がバトラーの明暗を分けることになります。

(スマホアプリを使用しなくても、PCやタブレットなどのブラウザ(Webサイト)からでも投票は可能です。)

 

アプリでは、他にもFSLに関する様々なオリジナルコンテンツを楽しむことができます。

FSL公式アプリはこちら

 

ランキング制度

FSLランキング

FSLには「FSL RANKING」というランキングシステムが導入されています。

 

FSL RANKINGとは、定期的に開催される主要MCバトルとFSLの勝敗結果をもとに、全MCの成績を点数化して決められるランキングです。

主要MCバトル団体
  • 凱旋MCバトル
  • 戦極MCバトル
  • 真ADRENALINE
  • KING OF KINGS
  • SPOT LIGHT
  • 口喧嘩祭

 

ランキングは1位〜10位までが公開されており、そのFSLランクによってMCには賞金や、年末に行われるチャンピオンシップ大会への出場権などのインセンティブが与えられます。

 

FSLランクを決めるポイントはMCバトルが開催される度に毎回加算されていき、ランキングは常に変動

順位はFSLアプリでいつでも確認できます。

 

ポイントの加算条件

FSLランクを決めるポイントの加算条件は以下の通りです。

FSLで勝利5pt
各大会で優勝5pt
各大会で準優勝3pt
各大会でBEST41pt
各大会で一回戦負け-2pt
ポイント加算条件

賞金

FSLランクが1位〜10位のMCには賞金が与えられます。

 

各順位ごとに与えらえる賞金は以下の通りです。

FSLの賞金額
  • 1位:300万円
  • 2位:
  • 3位:
  • 4位:
  • 5位:
  • 6位:
  • 7位:
  • 8位:
  • 9位:
  • 10位:

 

また、FSLが開催されるたびにベストバウト賞とベストバトラー賞が1名づつ決められ、
それぞれに20万円の賞金が与えられます。

  • ベストバトラー賞:20万円
  • ベストバウト賞:20万円

チャンピオンシップ大会

FSLランク1位〜10位のメンバーにより、年末にトーナメント制のチャンピオンシップ大会が開催されます。

大会の詳細はまだ公開されていないので、公開され次第更新します。

 

追記:その後の情報はなく、2023年のチャンピオンシップ大会は開催されませんでした。

 

FSLトライアウト

FSLでは、FSLトライアウトという新しい企画がスタートしました。

 

FSLトライアウトとは、MCバトルの可能性をさらに広げるべく立ち上げられた、新たなスター候補生の発掘を目指したトライアル企画です。

現場のMCバトルシーンでは選抜制の大会が多いためメンツがいつも同じ。新しい若手MCや、スキルはあるがあまり知られていないというラッパーが出てきにくいという問題を抱えています。

 

FSLではこの問題を解決するためにも次のヒップホップを背負うスターを生み出したいという思いから、全国からスターになりたいという人を募集し、発掘するべく、FSLトライアウト企画の開催が決定しました。

応募資格は、年齢、性別、経験の有無などは一切問わず、書類・動画審査を通過した応募者は、実際にスタジオでZeebraさんを含めた各主要団体のオーガナイザーや、現役のラッパー達による審査が行われます。

 

トライアウトを経て合格した応募者には、FSL本戦への出場権や、各主要団体が主催するトーナメントなどへの出場権も与えられます。

合格者は一気に自分の名前が世間に知れ渡ることになるので、スターになるチャンスです。

 

FSLトライアウトはエントリーサイトより応募可能です。

 

BeeBetで賭けに参加できる

FSLの試合には、BeeBetというオンラインカジノでバトルの勝敗にお金を賭けることが可能です。しかも様々なお得なキャンペーンも開催されるので、BeeBet側もMCバトルの盛り上がりにはかなり期待しているのではないでしょうか。

BeeBet公式サイト

beebet-ベット対象の選択

 

 

ちなみに過去にはFSL以外にも、KOKやBATTLE SUMMITの大会にも賭けを行うことができました。

MCバトルが好きな人なら勝敗予想も得意だと思うので、自分が勝つと思うMCに賭けることでバトル観戦を楽しみながらお金も稼ぐことができるのではないでしょうか。

\今なら10ドル(約1,500円)のボーナスが貰える/

 

BeeBetでFSLの勝敗に賭けるやり方は下記で解説しています。

 

FSLを見る方法

FSLの生配信を見るには、有料のPPV(ペイパービュー)チケットを購入する必要があります。

PPVチケットはFSL公式サイトか、Abemaで購入することが可能です。(それぞれのアプリから購入することも可能。)

生配信はYoutubeでは見れませんが、後日すべてのバトルがFSLのYoutube公式チャンネルから順次公開されていきます。Youtubeでは無料で見れますが、やはり生配信でのアプリから視聴者投票による判定がおもしろいので、ぜひPPVチケットを購入して生配信で見てください

 

ちなみにAbemaプレミアムに入会していると、FSLのPPVを20%OFFで購入可能になるのでかなりお得。

Abemaプレミアムでは、Youtubeに載っていない過去の凱旋や戦極、口喧嘩祭、真ADRENALINEなどもすべて見放題なので、ぜひこの機会に登録してみてください。

 

Abemaで見ることができるMCバトルは下記で解説しております。

 

 

過去のマッチメイク

過去に開催されたFSLのマッチメイクは以下の通りです。

FSL VOL.1 (2022.10.11)
  1. T-PABLOW vs R-指定
  2. Authority vs FORK
  3. DOTAMA vs 晋平太
  4. 呂布カルマ vs MOL53
  5. CHICO CARLITO vs MU-TON
  6. 梵頭 vs BASE
  7. Rin音 vs Rude-α
  8. ID vs CHANCE
  9. ビシキマ vs REDWING
  10. CHEHON vs GASHIMA
FSL VOL.2 (2023.4.10)
  1. FORK vs SAM
  2. BONBETO vs BENJAZZY
  3. Ry-lax vs Hideyoshi
  4. SLENT KILLA JOINT vs がーどまん
  5. 呂布カルマ vs 晋平太
  6. 呂布カルマ vs 安保 瑠輝也
  7. #KTちゃん vs #久保田
  8. Fuma no KTR vs CHICO CARLITO
  9. ミメイ vs GOMESS
  10. ID vs L.B.R.L
  11. ACE vs $hamis
  12. ミステリオ vs 輪入道
FSL VOL.3 (2023.8.21)
  1. FORK vs CHICO CARLITO
  2. ID vs SILENT KILLA JOINT
  3. ミメイ vs がーどまん
  4. GOMESS vs Rude-α
  5. DOTAMA vs 龍鬼
  6. 梵頭 vs 札幌のギャグ男
  7. ACE vs POWER WAVE
  8. ミステリオ vs 溝上たんぼ
  9. NAIKA MC vs 晋平太
FSL VOL.3 (2024.12.26)
  1. FORK vs COCRGI WHITE
  2. MOL53 vs Run Line
  3. ミメイ vs 裂固
  4. GOMESS vs ID
  5. MR.Q vs ミステリオ
  6. Yella goat vs MAKA
  7. KOPERU vs ACE
  8. L.B.R.L vs 龍鬼
  9. Ry-lax vs Nidra Assassin

勝敗結果については下記でまとめました。

 

まとめ:MCバトルで食っていける時代に

今回はFSLとは何か、特徴やルールについて徹底解説しました。

これまでのMCバトルの位置付けとしてはバトルで名を挙げて有名になっていき、そして音源で売れるというのが大筋の道だったと思いますが、まさかバトルだけでも飯が食っていける時代になっていくとは考えていなかったですよね。

関連:ラッパーの収入源はどこから?HIPHOPアーティストの年収と稼ぎ方の仕組みを解説

 

FSLは他のMCバトルとは一味違いおもしろい要素もたくさん入っているので、FSLがこれからどのように進んでいくのか非常に楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ヒップホップとレゲエに関する情報を発信しています。

コメント

コメント一覧 (9件)

コメントする

目次