【レゲエ】おすすめのリディム(Riddim)一覧!かっこいい曲から定番の人気曲まで

レゲエには様々なリディム(Riddim)が存在し、有名なものだけでも100以上はあるでしょう。

最近レゲエを聴き始めた初心者の人は、もっと色々なリディムの名前を知りたいという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、レゲエのおすすめリディムを紹介していきます。

かっこいいリディムから定番のリディムまで多数紹介しますので、ぜひ参考になれば嬉しいです。

 

目次

そもそもリディム(Riddim)とは?

レゲエのリディム(Riddim)とは、他ジャンルでのビートやヴァージョン(Version)と同じ意味で、アーティストのボーカルが乗っていないリズム体(演奏部分)のことを指します。トラックやオケと呼ばれることもあります。

 

レゲエでは様々なリディムが存在し、それぞれのリディムに名前がつきます。

そして様々なアーティストやDeeJayが同じリディムにボーカルを乗せて歌い、別の曲名がつけられてリリースされます。

 

レゲエを知らない人が聴くとパクリだと思われることもあるようですが、レゲエではこれが当たり前の文化で、レゲエの面白い要素でもあります。

 

おすすめリディム一覧

おすすめリディム一覧

Guilty(ギルティー)

Guilty Riddimは、CHEHONの『みどり』で使われているリディムです。

ジャマイカではみどりがリリースされる約2年前にGuilty Riddimが作られ、人気になっていたようです。

CHEHON/みどり

 

ジャマイカではSOJAHの『PON DI CORNER』が有名ですね。

Sojah/Pon Di Corner

 

他にも様々な日本のアーティストもGuilty Riddimに乗っているので、気になる人は探してみてください。

アーティスト:オムニバス, アーティスト:I-WAN, アーティスト:SOJAH, アーティスト:キャッシュフロウ, アーティスト:CHEE, アーティスト:CHEHON, アーティスト:導楽, アーティスト:MICKY RICH, アーティスト:KING-K, アーティスト:B.B the K.O, アーティスト:DINOSAUR

Come Down(コンドン)

Come Down Riddimは、レゲエの定番リディムですね。

現場ではラバダブでもよく流れるので、誰もが一度は聞いたことがあるリディムではないでしょうか。

 

音源の代表曲はSuperCatの『Come Down』

Come Down Riddim

 

 

Sleng Teng(スレンテン)

Sleng Teng Riddimは80年代レゲエの代表リディムですね。

レゲエの代表的なリディムの一つですが、このリディムを生み出したのは日本人という説もあるようです。

 

実はRed Spiderの『緊急事態2』も、Sleng Tengのリメイクです。

RED PIDER/緊急事態2 -紅の警告-

関連:RED SPIDERの緊急事態とは?舞洲の3万人規模イベントを徹底解説【レゲエ】

 

Stalag(スタラグ)

Starag Riddimもかなり有名なRiddimで、元はTECHNIQUESというレーベルからリリースされています。

代表曲はTenor Sawの『Ring The Alarm』という曲で、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

 

Diwali(ディワリ)

Diwaliは2000年初期にLENKYというミュージシャンが作ったリディムです。

このリディムがリリースされた当時、ジャマイカでは鬼ヒットしていたようです。

 

Diwaliで有名な曲はたくさんありますが、Sean Paulの『Get Busy』は誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか。

Diwali Riddim

 

日本でも多くのアーティストがDiwaliに乗っています。

 

 

X5(エックスファイブ)

X5 Riddimもレゲエの定番リディムで、ジャマイカでもめちゃくちゃ人気があります。

 

日本でも、RYO THE SKYWALKERやNG HEAD、BOOGIE MAN、MINMIなど、他にも多くのアーティストが音源として乗っており、RED SPIDERの『ROCK CITY』というアルバムにすべて収録されています。

アーティスト:オムニバス, アーティスト:VADER, アーティスト:MINMI, アーティスト:H-MAN, アーティスト:SILVER KING, アーティスト:BOXER KID, アーティスト:BOOGIE MAN, アーティスト:VADER&MINMI, アーティスト:PAPA-B, アーティスト:NG HEAD, アーティスト:RUDE BOY FACE

 

Answer(アンサー)

Answerもかなり有名なリディムです。

Sound manが現場でよくかけるリディムでもあり、リメイクされた回数がNo.1ではないかと言われています。

 

BamBam(バンバン)

BamBam Riddimもレゲエの定番リディムです。

独特でダンスに使われることも多く、レゲエをあまり知らない人でもこのリディムを聴くとレゲエだと思う人も多いようです。

 

ちなみにRED SPIDERの『AH MUDERZ』という曲もBamBamのリメイクです。

 

Punanny(プナニー)

Punannyは、「女性器」という意味です。

リディムにPunannyという名前をつけるなんてすごいですね。さすがジャマイカです。

 

ジャマイカではかなりの人気リディムで、Bounty KillaやBuju Bantonなど、多くのアーティストが乗っています。

 

Heavenless(ヘブンレス)

Heavenless Riddimも80年代レゲエの王道リディムですね。

 

Duck(ダック)

DUCK Riddimもめちゃくちゃ有名な定番リディムなので、一度は聞いたことがあるでしょう。

Jammysというレゲエ界の超大物プロデューサーにより制作されたリディムです。

DUCK RIDDIM

 

Far East(ファーイースト)

Far East Riddimも、レゲエの定番リディムです。こちらも制作者はJammysです。

 

代表曲はCocoa Teaの『Tune In』という曲です。一度は聴いたことがあるのではないでしょうか。

 

 

その他

他にも下記の有名リディムがあります。

  • Party Time(パーティタイム)
  • Anger Management(アンガーマネジメント)
  • Raging Bull(レイジングブル)
  • Masterpiece(マスターピース)
  • Coolie Dance(クーリーダンス)
  • Showtime(ショータイム)
  • Sick(シック)
  • Stage Time(ステージタイム)
  • Real Rock(リアルロック)
  • Jonkanoo(ジャンカノ)
  • Street Sweeper(ストリートスイーパー)
  • Bounce(バウンス)
  • Superstar(スーパースター)
  • Taxi(タクシー)
  • Golden Hen(ゴールデンヘン)
  • Mad Mad(マッドマッド)
  • Love Punanny Bad(ラブプナニーバッド)
  • Buy Out(バイアウト)
  • Juice(ジュース)
  • Juicy(ジューシー)
  • Fresh(フレッシュ)
  • Thunder Ball(サンダーボール)
  • Military(ミリタリー)
  • China Town(チャイナタウン)
  • Shine And Criss(シャインアンドクリス)
  • Shanty Town(シャンティタウン)
  • Nah Go Love It(ナゴロビ)
  • Rockfort Rock(ロックフォートロック)
  • Kolo Ko(コロコ)
  • Man Fi Dead(マンフィデッド)

これらも随時記載していきます。

 

まとめ

今回は、レゲエの有名Riddimをいくつか紹介しました。

有名なリディムや定番リディムだけでもこれだけの数があり、リディムの名前を覚えるだけでも大変ですよね。

しかもここには載せきれていないRiddimが他にも数えきれないほどあるでしょう。

 

現場で知っているリディム名の曲が流れたりラバダブが始まると、レゲエをより楽しむことができます。

気に入ったリディムがあれば、Youtubeで「Riddim名 MIX」で検索するとそのリディムで様々なアーティストが乗っている曲が聴けるので、興味がある人はぜひ調べてみてください。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ヒップホップとレゲエに関する情報を発信しています。

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次