CHEHONのKOK2021決勝大会での対戦結果、感想 [MCバトル]

CHEHONは2022年1月23日に開催されたMCバトルの大会

KING OF KINGS 2021 GRAND CHAMPIONSHIP FINALに出場しました。

 

KOKは口喧嘩際や真ADRENALINE、SPOTLIGHT、U-22など、2021年に開催されたMCバトル大会の優勝者と全国の地方予選を優勝し、さらに西日本と東日本大会でベスト4に残った猛者だけが出場できる大会です。

まさにKINGの中のKINGを決める大会で、優勝賞金は300万円。

CHEHONは東京予選で64人トーナメントを制し優勝、そして東日本予選の24人トーナメントを優勝したので、東日本代表としてKOK本戦の決勝大会へ出場しました。

黒スーツスタイルでめちゃめちゃカッコよかった。

KOK決勝大会でのCHEHONの対戦相手と結果をまとめたいと思います。

 

目次

対戦結果

決勝大会は16人のトーナメント。

1回戦の対戦カードは事前にすべて公開されていましたが、トーナメント表は公開されていないので2回戦以降の対戦カードは不明でした。

1回戦:CHEHON vs PONEY

1回戦の対戦相手のPONEYは、ENTA DA STAGEという大会の優勝者としての出場。

PONEYは36時間フリースタイルラップをしたギネス記録を持っているすごいラッパーです。

RED BULL 韻 DA HOUSE 2021 (2021.10.2)の大会で、CHEHONは1度PONEYに負けており、今回は2度目のバトルになります。

今回のPONEY戦では即興中心のバチバチスタイルのCHEHONでした。

全体的な流れとしては、客の方を見てラップをするPONEYに対して、CHEHONが「KOKの決勝で相手を見ずにディスらないでどこがバトルやねん家でずっと36時間ラップやっとけ」とバチバチに攻めてました。

個人的には、1バース目の後半4小節、[とうとう来たなこの時が〜 からのCHEHONのお通りだー!] がカッコ良すぎました。

客判定はCHEHONに上がり、審査員判定はCHEHON3本でドローが1本。

1回戦は見事CHEHONが勝利しPONEYにリベンジできました。

2回戦:CHEHON vs CIMA

2回戦(ベスト8)の対戦相手はCIMA。

CIMAは兵庫予選の優勝からの西日本大会の優勝者としての出場なので、今回は東日本代表 vs 西日本代表のバトルになります。

CIMAとはおそらく初めてのバトル。

 

2回戦も持ち歌は使わず即興中心で、二人ともバチバチのバトルでした。

個人的には、CHEHONの「まだトロフィーは遠いか?いやいや人生七転び八起きじゃ!」が上手いしカッコ良かった。

客判定はCHEHONに上がりましたが、審査員判定はCIMAが2本、ドローが2本だったので延長になりました。

延長では、CIMAが「大阪レペゼンしてるのに何で東京代表やねん」と攻めたのに対し、CHEHONが「今年から東京に引っ越したから」とアンサーを返していました。

また、CIMAが「カナタ、さらば、パジャマ」などで韻を踏んだのに対して、CHEHONも「刀、ガタガタ、あなたは、浅はか、マザファカ、バラバラ」とそれ以上に韻を踏んで返しました。

 

客判定はCHEHON、審査員判定がCHEHONが3本、ドロー1本。

延長の末、見事2回戦もCHEHONが勝利しました。

3回戦:CHEHON vs FORK

3回戦(準決勝)の対戦相手はFORK。

FORKはKOK vs 真ADRENALINEの優勝者としての出場。

 

FORK戦ではリスペクトが感じられる勝負でバチバチではなかったですね。

2バース目でCHEHONは、自身の持ち歌のUNDER GROUND WORKSのセルフサンプリングをかましていました。

また、3バース目は最近リリースされた新曲の頂点という曲のセルフサンプリングです。

客判定も審査員判定もすべてFORKに上がり、CHEHONは3回戦で敗れました。

CHEHONが4バース目でちょっと慌てたのもありますが、それ以上にFORKが強すぎた。

 

KOK2021 GRAND CHAMPIONSHIP FINALはAmazon Primeビデオで全試合視聴可能です。
CHEHONのバトルも全て見れますので、まだ見ていない人はぜひ見てみてください。

 

CHEHONがKOKに出場した経緯がカッコ良い

まず東京予選が行われたのは10/10ですが、

前日の10/9に、CHEHONは東京武道館で戦極24章の大会に出場しています。

 

戦極24章は晋平太に2回戦で惜しくも敗れましたが、

CHEHONはその場でKOK東京予選が翌日に近くで行われることを聞き、エントリーがまだ受け付けていることを知りました。

 

翌日に予定が空いていたCHEHONはすぐに東京予選出場を決行。

しかも自腹で参加費2,000円を払って。

 

この行動力と向上心がカッコ良すぎる!

 

そして参加MC 64名のトーナメントの、64番目のMCとしてぎりぎりエントリーに成功します。

東京予選 参加者リスト

 

東京予選ではACEや黄猿、BALA a.k.a SBKNなど、有名な強いラッパーがいる中、
アウェイの東京で64人のトーナメントを制し見事優勝。賞金3万円と東日本大会への出場権を手に入れました。

 

そして11/20の東日本大会

鬼ピュアワンラインやMAKAなど、各都道府県から勝ち上がってきた猛者24名のトーナメント。

しかもCHEHONはシードで、1試合目にMAKAと対戦することになりました。

 

CHEHONの持ち歌、Champion Roadや痛快エブリDAY、BANGARANGのセルフサンプリングを使い、延長の末なんとかMAKAに勝ちました。

この試合ではお互い笑顔になり、リスペクトの感じ取れる良いバトルでしたね。

 

MAKAに勝った後は順調に決勝まで上がり、そのまま優勝。

賞金30万円とKOK本戦 決勝大会への出場権を手に入れました。

 

そして2022/1/23に決勝大会に出場しベスト4まで残りました。

 

BeeBetでCHEHONに賭けた

BeeBetとは色々なスポーツの勝敗にお金を賭けることができるオンラインカジノです。

BeeBet公式サイト

 

そのBeeBetでは、なんとMCバトル大会のKOKの勝敗にもお金を賭けることができます。

BeeBet > KOK

他にも、FSLやBATTLE SUMMITにも賭けることができました。

BeeBetについては下記で詳しく解説しております。

 

私はBeeBetでCHEHONの優勝に100ドル(11,000円)を賭けていました。

CHEHONのオッズは現在9倍なので、CHEHONが勝つと約10万円になって返ってきます。

 

CHEHONは優勝しなかったので、BeeBetで賭けていた1万円はなくなりましたが、最高のバトルを見ることができたので払う価値は十分あり元は取れました(^ ^)

 

まとめ・感想

今回は準決勝で惜しくも負けましたが、レゲエDeejayのCHEHONがHIPHOPの日本一のMCバトラーを決めるKOK決勝大会に出場し、しかもベスト4まで残ったのは本当に凄いことだと思います。しかもゲストとして呼ばれたのではなく、都道府県の予選から勝ち上がり、自ら出場権を掴んだところがカッコ良すぎます。

もしまだKOK2021を見ていない人は、CHEHONのバトルも全て見れますので、ぜひ一度は見てみてください。

 

私はもともとレゲエが好きでCHEHONを追い続けていたので、CHEHONがMCバトルに出たことでHIPHOPのアーティストやラッパーを知ることができました。

 

CHEHONがMCバトルにガンガン出場していることの影響もあり、最近では他のレゲエDeejayもMCバトルに参加するようになっているので、レゲエの良さももっと広がってほしいです。

関連:MCバトルに出たことがあるレゲエDeejay10人の出場履歴と戦績まとめ

 

Abemaプレミアムなら、過去の凱旋や戦極、真ADRENALINEが見放題です。
今なら14日間無料なので、気になるバトルがあればぜひチェックしてみてください。

\今なら14日間無料/

過去のMCバトル見放題!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大阪出身のブロガー。小学生の頃にレゲエにハマり、レゲエの音楽を20年以上聴いています。レゲエDeeJayがMCバトルに出場したのをきっかけに、ヒップホップも聴くようになりました。
ヒップホップやレゲエの音楽・文化をもっと多くの人に知ってもらいたいという思いから、ヒップホップやレゲエに関する情報を発信しています。

コメント

コメント一覧 (4件)

コメントする

目次