【2024】バトルサミットとは?大会のルールや出場者、優勝賞金を徹底解説

近年はMCバトルの人気が急上昇していることもあり、MCバトルを開催する団体やオーガナイザー(主催者)の数も増えてきていますよね。

MCバトルの規模は大会のコンセプトや主催する団体(オーガナイザー)などによって異なり、小さなイベントから大きな大会まで様々ですが、『BATTLE SUMMIT(バトルサミット)』は最大規模のMCバトルイベント。

 

今回は、優勝賞金が最大2,000万円というとんでもない規模のMCバトル『BATTLE SUMMIT』について、大会のルールや出場メンバーなど、詳細を解説していきたいと思います。

 

目次

バトルサミットとは?

バトルサミット(BATTLE SUMMIT)とは、日本を代表する複数のMCバトル団体による合同主催のMCバトル大会です。優勝賞金額や会場などは、普段のMCバトルよりも段違いに規模が大きくなり、出場メンバーもかなり豪華になります。

 

バトルサミットは過去に1度だけ開催されたことがありますが、
2024年8月14日に第2回目の『BATTLE SUMMIT Ⅱ』が開催されることが決定しました。

関連:BATTLE SUMMIT2の開催が決定!出場メンバーやバトルの詳細を解説

イベント名会場開催日
BATTLE SUMMIT日本武道館2022年8月31日
BATTLE SUMMIT Ⅱ代々木第一体育館2024年8月14日(予定)
バトルサミットの開催日

 

優勝賞金

バトルサミットの優勝賞金

バトルサミットの優勝賞金は、普段のMCバトルよりも桁違いに高くなります。

2022年に開催された第1回目のバトルサミットでは、優勝賞金が1,000万円と発表され大きな衝撃が与えられましたが、2024年8月に開催される『BATTLE SUMMIT Ⅱ』では、優勝賞金がなんと前回の2倍となる2,000万円

イベント名優勝賞金
BATTLE SUMMIT1,000万円
BATTLE SUMMIT Ⅱ2,000万円
バトルサミットの優勝賞金

 

MCバトルでは優勝賞金以外にも出場MCにはギャラが支払われており、他にも会場の使用料やステージの設営費、音響設備、機材、スタッフや警備員の人件費など、莫大な経費が必要になります。
複数の主催団体による合同開催とはいえ、これだけの賞金や経費をかけながらも運営可能な資金力があるということは、ヒップホップ市場自体がかなり大きくなっていることがわかりますね。

 

バトルサミットの主催団体

バトルサミットを合同主催するMCバトル団体(オーガナイザー)は第1回目と第2回目で少し異なります。

BATTLE SUMMIT (第1回目)
  • KING OF KINGS
  • 凱旋MC BATTLE
  • 戦極MC BATTLE
  • 真ADRENALINE
  • SPOTLIGHT
  • COMBAT

 

BATTLE SUMMIT Ⅱ (第2回目)
  • KING OF KINGS
  • 凱旋MC BATTLE
  • 戦極MC BATTLE
  • 真ADRENALINE
  • SPOT LIGHT
  • 口喧嘩祭 new
  • 破天MC BATTLE new
  • Red Bull ROKUMARU new

(DeeJayクラッシュのイベントであるCOMBATは除外されました。)

 

関連:【MCバトル】各大会の違いを比較!凱旋や戦極、真ADRENALINEの特徴やルール解説

 

バトルサミットの出場メンバー

バトルサミットの出場メンバー

バトルサミットでは、普段はMCバトルに出場しない大物ラッパーやアーティストも出場する可能性が高いです。

 

第一回のバトルサミットでは、日本を代表するラッパーZeebraや、RYKEY DADDY DIRTY、釈迦坊主など、普段はMCバトルに出ることがないMCも出場することで話題になりました。

第二回の『BATTLE SUMMIT Ⅱ』では、Red Eyeが出場することが決定しており、出場者はまだ全員発表されていませんがすでに大きな盛り上がりを見せています。

BATTLE SUMMIT (第1回目)

バトルMC
  1. RYKEY DADDY DIRTY
  2. 孫GONG
  3. 呂布カルマ
  4. MOL53
  5. CHEHON
  6. がーどまん
  7. MU-TON
  8. SIMON JAP
  9. JUMBO MAATCH
  10. 釈迦坊主
  11. 漢 a.k.a GAMI
  12. DOTAMA
  13. CHICO CARLITO
  14. ID
  15. CORN HEAD
  16. ベル
  17. Authority
  18. 梵頭
  19. 晋平太
  20. Zeebra

 

MC20人によるトーナメントとなっており、1回戦の組み合わせは事前に決まっていました。

 

ゲストライブ
  • Awich

 

 

進行MC
  • UZI

 

BATTLE SUMMIT Ⅱ (第2回目)

バトルMC

『BATTLE SUMMIT Ⅱ』の出場者は順次発表中です。

詳しくは下記で解説しております。

ゲストライブ

未定

 

バトルサミットのルール

バトルサミットのルール

バトルサミットのルールは基本的に通常のMCバトルと同じです。特に変わったルールはありません。

第2回目の『BATTLE SUMMIT Ⅱ』のルールはまだ未定ですが、第1回目と基本的に同じと考えて問題ないでしょう。

小節数とビート

バトルサミットの小節数とビートは以下の通り。

BATTLE SUMMIT (第一回目)のルール
  • 1回戦:8小節×3ターン
  • 2回戦:8小節×3ターン
  • 3回戦:8小節×3ターン
  • 準決勝:8小節×3ターン・先攻がビートを選択
  • 決勝:先攻が小節数(8✕4ターンor16✕2ターン)とビートを選択

 

勝敗ジャッジは観客判定

バトルサミットの勝敗ジャッジはオール観客判定です。

勝ったと思うMCに対象カラーのペンライトを挙げ、多いほうが勝利、引き分けの場合は延長になります。

ジャッジができるのはファストパスチケットを買ったアリーナ席のお客さんのみです。

 

BeeBetでお金を賭けられる

バトルサミットのMCバトルには、BeeBetというオンラインカジノで自分のお金を賭けることができます。

 

1回戦の組み合わせが事前に公開されるため、自分が勝利すると思うMCにベットします。賭けたMCが勝利した場合は、ベット金額にオッズ(倍率)を乗じた金額が返ってきます。

 

『BATTLE SUMMIT Ⅱ』もBeeBetの賭けの対象になるかは未定ですが、FSLやKOKなど他のMCバトルも賭けの対象になるので、対象になる可能性が高いです。

自分が応援しているラッパーやアーティストに自分のお金をベットすることで、よりバトル観戦がおもしろくなるので、MCバトルやギャンブルが好きな人はぜひBeeBetで遊んでみてください。

>BeeBet公式サイト

 

\今なら10ドル(約1,500円)のボーナスが貰える/

 

BeeBetのやり方については下記で詳しく解説しました。

 

まとめ:絶対に現地で観るべき!!

バトルサミットは間違いなく最高規模のMCバトルイベント。

 

優勝賞金額はもちろん会場の規模も大きく、出場MCも普段はバトルに出ることがないラッパーやアーティストもたくさん出場するでしょう。

出場MCたちの気合の入り方や、お客さんの注目度も段違いに高く、会場全体の雰囲気がいつもとは全然違います。

 

MCバトルの歴史に名を残すようなベストバウトも確実に生まれると思いますので、もし現地で観戦しようか迷っている人は、後悔しないためにも絶対に現地に足を運んで生で観てください。

 

まだ生でバトルを観たことがなく不安な人は、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ヒップホップとレゲエに関する情報を発信しています。

コメント

コメント一覧 (5件)

コメントする

目次