【MCバトル】各大会の違いを比較!凱旋や戦極、真ADRENALINEの特徴やルール解説

MCバトルは各イベントごとにオーガナイザー(主催者)が異なり、それぞれに特徴やおもしろさがあります。

 

現在行われているMCバトルの主要なイベント(大会)は以下の通り。

  • 戦極MC BATTLE
  • 凱旋MC BATTLE
  • 真ADRENALINE
  • SPOT LIGHT
  • 口喧嘩祭
  • KING OF KINGS (KOK)
  • ULTIMATE MC BATTLE (UMB)
  • THE 罵倒
  • 破天MC BATTLE
  • Dis4U MC BATTLE
  • KYUSHU MC BATTLE
  • NEO GNESIS MC BATTLE
  • Red Bull ROKUMARU

 

小規模〜大規模まで様々な大会やイベントがありますが、それぞれのイベント(大会)の特徴をわかりやすく解説していきます。

 

目次

大会とオーガナイザーの違いを比較

まずは各大会のオーガナイザーと特徴をわかりやすく表にまとめました。

スクロールできます
バトルイベント名オーガナイザー特徴
戦極 MC BATTLEMC正社員・芸人やアイドルなど様々なMCが参加
・より一般の層にも届くように注力
凱旋 MC BATTLE怨念JAP・アリーナでのデカ箱やツアー
・新世代の発掘など
・新しいことに挑戦
真ADRENALINEACE、HIDE・DJではなく生バンド
・バンド操作も可能で音楽性も重視
SPOTLIGHT韻踏合組合・大阪で開催、観客がステージの周りを囲む
・アカペラルールがある
口喧嘩祭梵頭
(HIKIGANE SOUND)
・その場でクジ引き形式で対戦相手を決める
KING OF KINGS漢 a.k.a GAMI
(9SARI GROUP)
・都道府県予選からの勝ち上がりや、
 様々な大会の優勝者のみによる大会
ULTIMATE
MC BATTLE(UMB)
Libra Records・各都道府県から出場MCを募集し、
 予選優勝者が本戦に出場できる
THE 罵倒CASTLE RECORDS・ボディタッチあり
破天MC BATTLE株式会社イザナギゲームズ・映像とMCバトルが融合
・司会者はアンジャッシュ渡部建
Dis4U MC BATTLEDash1xx・客が近い
KYUSHU
MC BATTLE
PEKOKHARED・九州で開催
NEO GNESIS
MC BATTLE
RunLine・若手からベテランまで幅広く参加
Red Bull ROKUMARUレッドブル・60秒×2Roundのバトル
主要大会一覧

各主要大会ごとの詳細を解説

戦極MC BATTLE

戦極MC BATTLEはMC正社員が主催するMCバトル大会。

 

過去のMCバトルはアングラ色が強く「ラッパーといえば不良」というようなイメージが強かったのですが、戦極はより一般層にもMCバトルを届けることにも注力し、”MCバトルを好きな人”を増やすことに貢献している。

大会名に「第〇〇章」という数字がつくのも特徴ですね。

 

また、選抜制を一番最初に取り入れたのも戦極であり、芸人やアイドルをMCバトルに呼び込んだり、エンタメ性を強化することで、ヒップホップに興味がない人にも興味を持ちやすい工夫をしています。

近年は、日本武道館両国国技館といった大舞台でのMCバトル大会を開催するなど、規模もかなり大きくなってきております。

SAM vs Fuma no KTR/戦極MCBATTLE 第29章 両国国技館(2023.3.12)

 

2007年度より「戦慄MC BATTLE」という名前で開催されていましたが、2012年から「戦極MC BATTLE」としてリニューアルされました。

 

凱旋MC BATTLE

凱旋MC BATTLEは、怨念JAPが21歳という若さで立ち上げたMCバトルの大会。

 

さいたまスーパーアリーナという大きな会場でMCバトルを開催したり、ツアーという形で各地のあらゆる場所でMCバトルを定期的に開催されています。

また、「GIANT KILLING」という新世代のラッパーを取り入れたMCバトルの大会を開催したりと、新しいことにどんどん挑戦している印象です。

 

短い期間で急成長しており、現在最も注目されているイベント(大会)ではないでしょうか。

Bonbero.vs.CHICO CARLITO 凱旋MC battle inさいたまスーパーアリーナ

 

 

真ADRENALINE

真ADRENALINEはラッパーのACEとHIDEが主催するMCバトルイベント。

 

特徴はなんといってもバトルビートが生バンドということ。

バトル中にMCがバンドに指示を出すことで、バンドの演奏に変化をつけることができます。

 

バンドの演奏に変化をつけることで、グルーヴやリズムを強調することができるので、即興や押韻だけでなく高い音楽性も求められることになります。

 

また、真ADRENALINEは、他イベントとコラボした大会も頻繁に開催されます。

過去には、渋谷レゲエ祭というレゲエのイベントや、KING OF KING、戦極MC BATTLEとのコラボ大会を開催されています。

CHEHON vs RAY / 渋谷レゲエ祭 vs 真ADRENALINE 2023.04.22

 

 

SPOT LIGHT / ENTER

大阪のHIPHOPクルー「韻踏合組合」が主催するMCバトルの大会。

年に数回開催されるENTERを予選とし、年末にはENTERの入賞者を含めたSPOT LIGHTでその年の優勝者を決定します。大阪最大のバトルといえばSPOT LIGHTといっても過言ではないほど関西で人気の大会です。

 

最近では「東京編」という形で東京で開催されることもあり、半年に1回ほど開催されるようになりました。

 

大会にもよりますが「アカペラルール」が取り入れられることもあります。

 

FORK vs 裂固 / SPOTLIGHT 2022 関東編 (2022年7月1日)

 

 

口喧嘩祭

岐阜県を発祥とするヒップホップクルー「HIKIGANE SOUND」が主催のMCバトルイベント。

 

特徴はなんといっても、トーナメント表を用いないくじ引き形式のバトル。

バトルの組み合わせを毎試合くじ引きにより決定するため、バトルの直前まで誰と当たるかがわからない状態。特定の相手に対するネタを仕込むのが難しく、より即興性が求められる大会です。

 

出場MCは全員、HIKIGANE SOUNDの代表である梵頭のブッキングにより決定されています。

 

SATORU vs 梵頭 / 2023.1.5 口喧嘩祭 Special in.CLUB CITTA’

 

KING OF KINGS (KOK)

KING OF KINGSはラッパーの漢 a.k.a GAMIが率いるヒップホップレーベルである、9SARI GROUPが主催するMCバトルの日本一を決める大会です。(KOKと略される。)

各都道府県予選からの勝ち上がりや、様々な大会の優勝者のみが出場できる大会であり、King of Kings = まさに王の中の王を決める大会です。

 

KOKは勝敗を決めるルールが明確に決まっています。

KOKのルール
判定方式
  1. 観客の歓声による判定【1ポイント】
  2. KOK選出のプロ審査員による判定【4名×1ポイント (4ポイント)】

合計5ポイントで過半数を占めた場合に勝利となる。

引き分けの場合は勝敗が決まるまで何度でも延長線を行う。

 

審査員の採点方式 = 10 POINT MUST SYSTEM
  • 優勢な方の得点を10点固定とし、劣勢な方の得点が減点
  • 引き分けの場合の得点は10対10
  • 圧倒的に優勢の場合の最大得点差は10対7
  • 先攻と後攻 の8小節ずつを1ターンとし、ターン数の合計点で競う
    (8小節3ターン勝負の場­合、得点は30点満点)
採点基準
  1. パンチライン
    有効なRHYME(押韻)を繰り出し、よりダメージを与えた方が優勢
  2. アグレッシブ(有効な攻勢)
    より攻撃的である方を優勢とし、自己紹介的なラップではなく、BATTLE RHYMEとして成立しているかどうかが重要
  3. ジェネラルシップ(主導権支配)
    個性的なフロウやスキルで巧みな試合運びをし、主導権を支配している方が優勢
  4. カウンター
    相手の攻撃に対する具体的なアンサーを返せたかどうか

公式サイトより引用

 

KOKのルールについては、以下で詳しく解説しました。

» MCバトルのKOKとは?日本一を決めるラップバトルの特徴やルールを解説

 

NAIKA MC vs GADORO & 「KOK Side B」vol.2:KING OF KINGS 2017 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL

 

出演:裂固, 出演:MOL53, 出演:SILENT KILLA JOINT, 出演:S-kaine, 出演:REDWING, 出演:CIMA, 出演:REIDAM, 出演:K-rush, 出演:阿修羅, 出演:紅蓮, 出演:MAKA, 出演:T-TANGG, 監督:NABE

 

ULTIMATE MC BATTLE (UMB)

ULTIMATE MC BATTLEはLibra Recordsが主催するMCバトルの大会。(UMBと略される。)

2005年からラップのフリースタイルで頂点を決めるために開催された大会で、MCバトルでは最も歴史が長いイベントになります。

R-指定が3連覇したことで有名な大会ですね。

 

各都道府県から出場MCを募集し、予選優勝者が本戦に出場できる仕組みであり、勝敗のすべてを観客が決定する、全員参加型のイベントです。

 

“Authority vs MU-TON” UMB2018 GRAND CHAMPIONSHIP 12/30(SUN)

 

THE罵倒

THE罵倒はCASTLE RECORDSが主催するMCバトルの大会。

特徴はなんといっても、ボディタッチがありということ。MCバトル業界一のバチバチのイベントです。

 

THE罵倒は、2018年に一旦終了したが、2023年に復活して開催されました。

 

阿修羅 vs 掌幻【THE罵倒2023 本戦】二回戦

 

 

破天MC BATTLE

破天MC BATTLEは株式会社イザナギゲームズが主催するMCバトルのイベント。

 

特徴は「バトルフィールドシステム」です。バトルステージの背景がプロジェクションマッピングのXR技術により変化し、ビートと共に臨場感のあるバトルが演出されます。

【破天3.0】1回戦第1試合『Nidra Assassin vs ミメイ 』|破天MCBATTLE 3.0

 

また、バトルの司会者はお笑い芸人のアンジャッシュ渡部さんです。番組で司会を務めていたこともあり、やはり進行がとても上手いですね。

 

Dis4U MC BATTLE

Dis4U MC BATTLEは、MC正社員さんとラッパー?のDash1xxが主催するMCバトルのイベント。

MCバトルだけでなく、LIVEのイベントも開催することがあります。

 

フリーエントリーのバトルイベントがほとんどなく、新しい若手に日が当たらないという現状から、次のスターを探すために立ち上げられたイベントとのこと。

定期的に「Dis4U MCBATTLE – episode○○- ~サブタイトル~」というようなイベント名で開催されます。

 

大会にもよりますが、観客がステージを回り込むように取り囲み、MCとの距離がかなり近いという特徴があります。

ミステリオ vs MAKA(決勝)/Dis4U MCBATTLE -Episode7-(2023.4.16)

 

以前はラッパーのkampfが司会を務めていたいたが、2023年をもって司会を勇退することになりました。

 

KYUSHU MC BATTLE (九州MCバトル)

KYUSHU MC BATTLE (九州MCバトル)はPEKOKHAREDが主催するMCバトル大会。(KMBと略される。)

その名の通り、九州で開催されることが多く、出場者も九州や山口といった地域のラッパーが中心。(他の地域からも集まります。)

 

年に数回予選が行われ、決勝大会の優勝者にはKOKに出場する権利が与えられます。

以前までは「小倉MCバトル」というイベント名でしたが、2023年から「九州MC BATTLE」に名前が変更されました。

 

Fuma no KTR vs 裂固【小倉MCBATTLE GRAND CHAMPIONSHIP 2022 IN ZEPP FUKUOKA 2022 12 27】1st ROUND 第5試合

 

NEO GENESIS MC BATTLE

NEO GENESIS MC BATTLEはラッパーのRunLineが主催するMCバトルイベント。

 

2023年に立ち上がったまだ新しいイベントであり、初心者からベテランまで誰でも参加可能なMCバトルとして幅広いラッパーが出場する。

 

#KTちゃん vs GOMESS / NEO GENESIS vol.2 2023.10.1

 

Red Bull ROKU MARU

Red Bull ROKU MARUはレッドブルが主催するMCバトルのイベント。

以前までは「Red Bull 韻 DA HOUSE」という名前のイベントでしたが、名前がリニューアルされました。

 

特徴はやはり「60秒×2Round」という特殊ルールです。従来の「○小節×○ターン」とは一線を画し、長尺バースでのバトルになるので、対話よりもフロウやグルーヴ感、音楽性が求められるバトルになるでしょう。

 

1Roundが長いので、後攻が圧倒的に有利になるのではないかと感じるかもしれませんが、Red Bull ROKU MARUの勝敗は審査員による判定方式で決まります。

プロの審査員による厳正な判定になるので、先攻が不利になるということは特にないでしょう。

Fuma no KTR vs 呂布カルマ|決勝大会 – 準決勝|Red Bull 韻 DA HOUSE 2022

 

 

BATTLE SUMMITとは

BATTLE SUMMITとは、複数のMCバトル団体による合同主催のMCバトルの大会。

優勝賞金や会場など規模が普段のMCバトルよりも段違いに大きくなり、出場MCもかなり豪華になります。

 

BATTLE SUMMITについては下記で詳しく解説しました。

 

BATTLE SUMMIT (第1回目)

2022年に日本武道館で開催された初めてのBATTLE SUMMIT。

全20名からなるMCバトルトーナメントで、優勝賞金はなんと1,000万円

 

MCバトル団体の、「戦極MC BATTLE」、「凱旋MC BATTLE」、「真ADRENALINE」、「KING OF KINGS」、「SPOTLIGHT」と、レゲエのDeeJayクラッシュイベント団体である「COMBAT」、6つのイベントがそれぞれ選抜した人気MCの中から頂点を決める大会です。

 

 

豪華な対戦カードが組まれており内容もかなり良かったので、見たことがない人はぜひ一度はチェックしてみてください。

 

BATTLE SUMMIT Ⅱ (第2回目)

2024年8月に開催される2回目のBATTLE SUMMIT。

開催される会場は代々木第一体育館、優勝賞金はなんと2,000万円です。

 

『BATTLE SUMMIT Ⅱ』についての詳細は下記で解説しました。

>BATTLE SUMMIT2の開催が決定!出場メンバーやバトルの詳細を解説

 

 

FSL

FSL=Free Style League(フリースタイルリーグ)は、フリースタイルのプロリーグ化をコンセプトに掲げ立ち上げられたMCバトルのプロジェクトです。

ラッパーのZeebraを主導とし、MC正社員、怨念JAP、ACE、梵頭、SATUSSYなどの各イベントの主催者も共同して運営されているイベントになります。

 

FSLは通常のMCバトルと違った要素や特徴があります。

FSLの特徴
  • マッチメイク方式
  • 勝敗はアプリ投票による判定
  • ランキング制度
  • BeeBetで賭けに参加できる

 

他にもおもしろいルールや特徴があるので、気になる人は下記の記事もチェックしてみてください。

 

まとめ

今回はMCバトルの主要イベント団体やオーガナイザーについて解説しました。

それぞれのイベントごとに特色が異なるので、MCバトルを見る側にとってもおもしろいですね。

 

最近ではMCバトルの人気がさらに高まってきていることから、オーガナイザー(主催者)やイベント団体も増えてきており、毎週のように各地でMCバトルが開催されています。

個人的には増えすぎているような気もしますが、MCバトルの人気が上がっているのは嬉しいことですね。

 

MCバトル業界がこれからどのように発展していくのが楽しみです。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ヒップホップとレゲエに関する情報を発信しています。

コメント

コメント一覧 (7件)

コメントする

目次